あの犬この猫そこの馬

自然を基調に、エソラゴトをのんびり考えていく

創作

早朝の森で枯れ葉はさかのぼっていく

その森にはナニカが住んでいる。 雨が降った次の日の早朝。 久しぶりの日差しに気を良くしたナニカは、木々の少ない、少しひらけた場所まで出てきて、あたりを見回す。 ナニカは遊びたくてうずうずしていた。 強風でふるい落とされたマツボックリを一つ手に…

超短編劇場「猫と人間の不調和なヒマツブシ」

玄関に網戸あり。 ハチワレ猫と背の低い人間、登場。 いっしょにお辞儀をする。 開幕早々に、見事な跳躍を見せる猫。 猫、網戸にへばりつきながら「あ、むし!」 人間、音に驚いて「なにごと!?」 猫、虫を見失い我に返りながら「ツメがひっかかっておりら…

拾いもの標本、気の向くままに

自分が気に入っているものを綺麗に並べるのは楽しい。 あまり深く考えず、勘に頼って配置していていくと、意外に見栄えのするものが出来上がったりする。 芸術のセンスと知識がないせいで、そう見えるだけかもしれないけれど。 自分に先天的なセンスがないの…