あの犬この猫そこの馬

自然を基調に、エソラゴトをのんびり考えていく

猫気温計を考える -寝相と気温の科学-

科学とは名ばかりで。

きっと一年通して猫を見ている人ならとても当たり前の話なのかもしれない。

それでも私史上、半々世紀の大発見なので、ここに記す。

 

猫の寝相は気温の上昇とともにダイナミックになっていく。

温度に比例して無防備になっていく彼らの寝姿は、意外とわかりやすい指標になっている。

 

仮説の証明に協力してもらうのは例の黒猫。いつもの買い物帰りの道端で。

 

【13℃】きっと外で寝るか室内にいるかのギリギリライン。日光をじんわりと背中に集めて暖をとる。警戒心も強め。

f:id:sen24:20180704124955j:plain


 

【16℃】一番快適そうな陽気。日干ししたあとの毛布のような匂いがした。撫で終わったあとに、名残惜しそうな顔をされたのもこの時。

f:id:sen24:20180704124956j:plain

 

 

【20℃】外にいたいけど、日光は強すぎる。木陰でうだることに決めた図。もはや警戒心のかけらもなかったが、撫でられるのも億劫そうで相手にされなかった。

f:id:sen24:20180704124940j:plain

(君、そんなに白いとこあったのね。)

 

日常を繰り返し、その時々で好きだなあ、と直感したものを集めていくと、たまにそれぞれの点が一本の線でつながることがある。

きっと不思議なことではないのだろう。

一見ランダムに見えても、やはりそれは1人の同じ人間の思考なのだし。

 

関係ないと思っていた二つのことが、一つの意味上につながった時の嬉しさといったらない。

猫の寝相と気温の相関に気づけた、こんな些細な出来事だけで、この世の真理にまた一歩近づいてしまったような背徳感のある"うぬぼれ"に一瞬でも浸れるのだ。

 

本当は、10℃の時とか、30℃の時も見てみたかったのだけど、その気温だとそもそも私にも写真を撮る気力があるかわからないので、ここで妥協することにする。

 

全力の脱力で夏を満喫しているのは、羨ましい限り。

ググッと伸びをしているところも午後の陽気を体現しているみたいで大変よかった。

f:id:sen24:20180704124947j:plain